昨夜、遠隔ヒーリングをおこないました。



いつも、遠隔ヒーリングをおこなうと


まるで実際に触れているかのように

お客様のお肌の感覚まで

分かります。




ヒーリングでは


浄化やエネルギーを送ったり

エネルギー上のヒーリングだけでなく



実際にマッサージするように

遠隔でお体をさすったりします。



今回のお客様は

とても体調が悪く困り果てて

アートセラピーにお越しくださったのが

出会いのきっかけです。



その後、週に1回通院のように

ヒーリングを受けていただいています。



はじめは、ゼロからのスタートどころか

マイナスからのスタートでした。



今回までで、浄化もだいぶ進み

ヒーリング鑑定により

体調不良の根源が分かっていたので



今回は、原因となっている臓器へ

集中してアクセスしてみました。


無題58


原因となっている臓器へ

集中するあまりに・・・



つい




無題62



内蔵に手を突っ込んでいました。


無題59


あ、入った

と思ったのですが



私の手は

幽霊のように

お客様の体を通り抜け

問題の臓器を触っていました。



感触など詳細に書くのは控えますが


直接触れてみると

周辺臓器が

癒着のように

老廃物のようなものがこびりつき

固くなっていました。



それをマッサージするように

ほぐしていくと


柔らかくなり

表面もハリのあるツルツルした感触

になりました。



こういうの似たものがあって

「内臓マニピュレーション」

というらしいですね。


内臓マニピュレーションとは
周辺臓器や筋膜・間膜・靭帯などに癒着や制限が起こると,臓器本来の動きが失われてしまい、さまざまな症状を引き起こします。
内臓マニピュレーションとは、手技(マニピュレーション)によって、筋肉・骨格・腱・関節・内臓などを緩める物理的なヒーリング手法です。


「オステオパシー」の一種だそうです。


オステオパシーとは
筋骨格構造をバランスよく整列させ、神経の圧迫を取り去り、血液を体の隅々に行き渡らせることによって、体が自ら治すようにしむける技術。




「内臓マニピュレーション」も

「オステオパシー」も、


当然、

内蔵に直接触れるなんてことはしないので

少し違いますが

遠隔で、直接原因臓器に触れて

マッサージのようなヒーリングを行うというのも

新しい経験でした。



私に学びをくれたり、成長させてくれるのは、いつもお客様だと改めて感じました。


いつもありがとうございます(*^_^*)


遠隔ヒーリング



【ブログカテゴリ】



▼LINEで更新通知が受け取れます