セラピスト未依の不思議な日々

霊感が強いせいで起こる、カオスで不思議な日常をブログにしました。幽霊に「まぬけ」って言われるような人間ですが、千葉県成田市でアートセラピーやってます

セラピスト未依の不思議な日々 イメージ画像

アートセラピー

今日は、アートセラピー日記です。今回は、パステル教室付きのコースを選んでいただきました。まずは練習作品このアートの中に、いろんな気持ちがつまっています。モヤモヤも辛い気持ちもあるけれど、辛くても前を向いて受け止めようとしている姿は、とても綺麗なアートを生
『アートセラピー日記(カラーカード)辛くても前を向いて受け止めようとしている姿は、とても綺麗なアートを生みました』の画像

アートセラピーカラーカードコースでは、オーラを見るよりも深く入り込んで、魂を感じて描きます。カラーは、オーラの色を中心に描いてみました。色はオーラの色ですが、ただ感じるままに描いたらこうなりました。オーラは、メンタルのオーラを中心に見ています。オーラは、
『アートセラピーとオーラのくすみ』の画像

今回は、「真剣な」お客様でした。なにが真剣って、ものごとに対し、非常に真剣に考えるので、真剣真剣深刻といつのまにやら、ものごとを深刻に考えてしまって、辛くなっちゃうという、考え方の癖がある方でした。アートにも不安が表れています。ただ、右上のシアンには、未
『アートセラピー日記(本心とは違う顔を見せようとしても、見破っちゃうのだ)』の画像

今日は、ベビートークアートセラピーのときのお話です。ベビートークアートセラピーとは、妊婦さんのお腹の赤ちゃんを感じ、それを絵にします。そして、描きながら感じたことをお伝えしています。お話する内容は、主に、赤ちゃんの特性です。今回は、こんな感じでした。右上
『ベビートークアートセラピーのアート(お母さんの影響を受けやすい赤ちゃんと、赤ちゃんが教えてくれた胎内の話)』の画像

今回は、アートセラピーのデジタル版カラーカードコースのお客様のアート日記。 これまでの手描きと違う点は、デジタルのため、画材による処理の時間がなく、短時間で描けること。 手描きでのアートセラピーでは、時間が足りず、あまり詰めて描けなかったのですが、デジタ
『アートセラピー日記(デジタル版カラーカードコース)』の画像

前回の続き 2回目に描いた練習作品、左上が、亡くなった赤ちゃんの影響が出ています。 明るくないですか? キラキラしていて、なんだか楽しそうです。 今回のお客様、 一歳に満たず亡くなったなんて可哀想だし、きっと悲しんでる、嘆いてる。 もしかしたら、恨んでるか
『アートセラピー日記(パステル教室コース)亡くなった赤ちゃん-2』の画像

今回載せさせてもらうお客様は、 実は、生後一歳に満たない赤ちゃんを亡くすというとても悲しい経験をされた方でした。 さっそく、練習からスタート。 必ず使うだろうと思っていた色(コバルトブルー)を迷いなく取り、さらさら~と作業を進めるお客様。 が、しかし・・・
『アートセラピー日記(パステル教室コース)亡くなった赤ちゃん-1』の画像

今日は、ベビートークアートセラピーのときのお話です。 ベビートークアートセラピーとは、妊婦さんのお腹の赤ちゃんを感じ、それを絵にします。 そして、描きながら感じたことをお伝えしています。 お話する内容は、主に、赤ちゃんの特性です。 今回は、こんな感じでした
『アートセラピー日記(ベビートーク)』の画像

ときたまアップしているアートセラピー日記です。 今回のアートセラピー日記に登場するお客様は、とっても勘のいいかたでした。 芸術的センスも良かったです。 さっそく、練習作品がこちら いろ色々です。 本日のお客様、「海に行きたいのかな?」って思ってたら、やっぱ
『アートセラピー日記(パステル教室コース)』の画像

今回は、何度も来ていただいているお客様のアートセラピー日記   パステル教室コースも、何度も来ていただいているので、何種類かある課題も、全て描いてもらってました。   描くたびに変わってくるので、何度描いていただいても良い課題なのですが 飽きてない・・・
『パステル教室コース-アートセラピー日記』の画像

今日はクレヨンを使ったアートマップコースのアートセラピーの日でした。 クレヨンだけど、いつものクレヨンとはちょっと違う雰囲気に 作品はこちら 今回のお客様は、以前に、この他のアートセラピーコースも受けてくださっていて、パステルも扱ったことがある方なので
『アートマップコース アートセラピー日記』の画像

ヒーリングアート(ネセサリーアートコース)をお送りしたお客様から、メールをいただいたので、許可を得て掲載させていただきます。 以下、メールの内容です。 とっても素敵な絵で、 眺めているとじんわり暖かくなります。 そして人生で初めて、絵を見て涙が流れました

↑このページのトップヘ